猫にあったキャットフード

猫にとって必要なタンパク質の量に幅が持たれているのは、猫によって必要な量の差があるためです。同じ人間でも食べる量に差があったり、同じものを食べても太る人と痩せる人がいるように、猫も体質によってこのような差があるのです。食が細くて一度の食事が少ない猫もいれば、元気で活発であるために運動量が多く1日の給餌量では不足してしまう猫もいます。同じように、タンパク質の吸収が悪かったり消化をしやすかったりして多めの摂取が必要な猫もいます。このように猫によって必要なタンパク質の量に差が生じるのです。

同じように、太りやすい猫はタンパク質の内容や量の調整が必要です。タンパク質というのは魚や肉といった脂肪を含むものに含まれます。そのため、タンパク質の種類によっては脂肪の摂取量も増えてしまうことがあるのです。

そこで、太りやすい猫はタンパク質は摂取しながらも脂肪をカットする必要があるのです。鳥のささみや魚はたんぱく質が多く脂肪が少ないですし、魚の脂肪は体に良いものが多く含まれています。そこで、キャットフードの主原料として魚や鳥のささみを用いているものにしてタンパク質を摂取しつつも脂肪を減らすことで体調管理をすることが有効です。このように、タンパク質の量や原材料をこだわってキャットフードを選ぶと健康で長生きできるものを見つけることにとても有効です。